マメーズ焙煎工房(旧南青山マメーズ) こだわりのスペシャルティコーヒー豆を通販で販売中

税別3,000円以上で送料無料
























■送料について
沖縄県、離島部:1200円(税別)
その他の地域:600円(税別)
3,000円(税別)以上お買上げの場合は無料とさせて頂きます。
■ご利用いただける決済方法
クレジット決済
代金引換
後払い決済
銀行振込
■各種手数料について
クレジット決済手数料:無料
代引き手数料:一律324円(税別)
後払い決済手数料:一律205円(税別)
■発送について
ご注文をいただいてから、原則として3営業日以内に発送いたします。
■商品出荷日につきまして
商品の出荷は平日のみとなります。
土曜・日曜・祝日は出荷業務をお休
みさせていただきます。ご了承下さい。
■配送用箱の再利用について
当店では、資源の有効活用とエコロジーのため、ご自宅用商品の発送の際は、当店で使用した箱を再利用させていただく場合がございます。
■プライバシーポリシー
■特定商取引法に基づく表示

お客様情報は、ベリサイン 128bit SSLにて保護されています。

 

トップ > SPECIALTY COFFEE BEANS > カップオブエクセレンス(Cup of Excellence=COE) > ホンジュラス カップ・オブ・エクセレンス ラ・レオナ農園 | マメーズ焙煎工房(コーヒー / コーヒー豆 / COE)

ホンジュラス カップ・オブ・エクセレンス ラ・レオナ農園 | マメーズ焙煎工房(コーヒー / コーヒー豆 / COE) ホンジュラス カップ・オブ・エクセレンス ラ・レオナ農園 | マメーズ焙煎工房(コーヒー / コーヒー豆 / COE)
ホンジュラス カップ・オブ・エクセレンス ラ・レオナ農園 | マメーズ焙煎工房(コーヒー / コーヒー豆 / COE) ホンジュラス カップ・オブ・エクセレンス ラ・レオナ農園 | マメーズ焙煎工房(コーヒー / コーヒー豆 / COE)
拡大画像

ホンジュラス カップ・オブ・エクセレンス ラ・レオナ農園 | マメーズ焙煎工房(コーヒー / コーヒー豆 / COE)

爽やかで甘みのあるハチミツのような香り・・・
口に含んだ印象は、フルーティでなめらかな飲み心地ながら、香り同様にハチミツのような旨みも感じます。
のどの奥に流れ下るときには、再び、ジューシーでチェリーのようなすっきりした酸味の印象に。
口の中で次々変化するホンジュラスの名品がまた一つ、届きました。
 
内容量
150g・250g・500g
賞味期限
製造日より1年
商品コード : ss-052hl
価格 : 円(税別)
ポイント : 16
数量
 
内容量
挽き目

3,240円(税込)以上は配送料無料

かごに入れる すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 友達にすすめる
  • 商品についての問い合わせ
STRAIGHT 〜COFFEE BEANS〜
ホンジュラス カップ・オブ・エクセレンス ラ・レオナ農園
ホンジュラス
爽やかで甘みのあるハチミツのような香り・・・
口に含んだ印象は、フルーティでなめらかな飲み心地ながら、香り同様にハチミツのような旨みも感じます。
のどの奥に流れ下るときには、再び、ジューシーでチェリーのようなすっきりした酸味の印象に。
口の中で次々変化するホンジュラスの名品がまた一つ、届きました。
農園名 ラ・レオナ農園
農園主 ホセ・マリア・ロペス・トバル (Jose Maria Lopez Tobar)
地域 コンセプション デル スール (Concepcion Del Sur) / サンタ・バルバラ (Santa Barbara)
品種 Catuai
スコア 87.32点
【カップ・オブ・エクセレンス】は、中南米を中心にその年に収穫されたコーヒーの中から最高品質のものを選ぶプログラムです。国内予選を勝ち抜き、国際審判員により『最高のコーヒー』として評価されたわずかなコーヒーだけに『カップ・オブ・エクセレンス - Cup of Excellence』称号が与えられます。受賞得点は86点以上からと2016年より切り上げられ、より厳選されたロットのみが称号を授与しました。カップ・オブ・エクセレンスのコーヒーは、透き通る液質で、際立つ高品質なコーヒーだけが持つ、特有の風味、口に含んだ質感、甘さが引き立つフレーバー、余韻の素晴らしさを兼ね備えています。

Jose Maria Lopez Tobarさんは医師として働いていた2001年にこの農園を買い、セカンドビジネスとしてコーヒー栽培を始めます。しかしコーヒー栽培の魅力を感じ、その後は医師をセカンドビジネスとして変更していきました。
12haの農園には6農家が従事しており、Guamaをはじめ、レモン、バナナ、アボカドの様な果物を農園内の30%もシェードツリーとして植えており、従業員の労働環境維持として考えています。

全ての従業員は、各工程の熟知度をテストした上で完璧なまでのコーヒー生産に携わる様にしており、特に収穫は最も重要な作業で気を使いながら進めています。パルピング後は18〜25日の天日乾燥を経てパーチメントコーヒーを作り、水分量を計測して一定の品質を作り上げることにしています。たっぷりと時間をかけたスペシャルティコーヒーは、生き生きとした液質、長く続く余韻、りんごやネクタリンの様な甘酸っぱいフレーバーを持っています。